国際投信投資顧問とは

FX投資の必勝法

国際投信投資顧問株式会社とは、国内株式型・国内債券型・グローバル株式型・グローバル債権型・不動産投信の5つのファンドを基本とした投資信託会社です。

この国際投信投資顧問株式会社は、1997年に国際投資委託株式会社と国際投資顧問株式会社が、合併してできた会社で、主たる業務は、投資信託に関する業務と、投資一任及び投資に関する助言となっていて、投資信託に関する販売並びに投資家に対するサポートを行っています。

2007年9月の実績で、公募投資信託合計残高は、7兆245億円となっています。
株式、債権や不動産とほとんどの投資信託に関する運用を行っている会社で、投資家に対するサポートなども大きな業務内容としている運用会社となっています。

国際投信投資顧問株式会社は、株式・債権・不動産を中心とした投資信託の業務の会社で、その勧誘方針として投資家(顧客)の知識や理解度にあった勧誘を行うことを明言しており、投資家の立場に立った運営を目指しているようです。

しかし、現実には投資信託自身は、元本保証の金融商品ではありませんから、その危険度について投資家は充分に理解しておく必要があります。
国際投信投資顧問株式会社は、投資信託を業務にしているため、マネージャー等のレベルも高いものと思われるので、国際投資信託顧問株式会社、投資信託や投信の一つの投資運用会社としての選択肢として考えてみても良いのではないでしょうか。

FX投資の必勝法