FX取引のリスクとは

FX投資の必勝法

FX取引のリスクには、価格変動のリスク、金利リスク、流動性リスク、信用リスク、オンライン取引リスクなどがあります。

FX取引は外貨取引で、外国為替市場の変動や世界の政治的・経済的な要因をはじめ、さまざまな要因による価格変動のリスクがありますので為替相場の変動により、FX取引を続けられなくなるリスクがあります。

相場の状況によっては、ロスカットにおける損失が為替保証金を超える場合もあります。
金利リスクとは、対象通貨や日本円の金利の変動により、外国為替の価格変動により発生するリスクです。
スワップポイントも、それぞれの通貨の短期金利に応じて日々変動し、金利の動向により予想していたスワップポイントを受け取ることができなかったり、スワップポイントを支払わなければならなくなる場合もあります。

流動性リスクは、政治、経済、金融情勢等の変化、各国政府の規制や外為市場の規制などによる取引停止措置など不測の事態により取引が実行できなくなる場合があります。

信用リスクとは、取引するFX会社の倒産などで預けていた証拠金等を回収できなくなるリスクのことです。
信用リスクを避けるには、クリック365に上場している、または、証拠金の管理方法が信託管理(=信託保全)であるかのいずれかのFX会社を選べば良いでしょう。

さらに、オンライン取引リスクというのもあり、 FXの売買は、インタ-ネットを介して行います。
したがって、通信機器の故障やインタ-ネット障害等が発生すると、取引が正常に行えなくなるリスクが考えられます。

オンライン取引は電話注文の取引とは異なり、自分自身が売買注文の入力をするため、入力を誤った場合は、想定外のレートで取引が成立してしまう可能性があります。
また、第三者にユ-ザ-ネ-ムやパスワ-ド等の情報が漏れて悪用されるというリスクもあります。
FX取引は、すべて自己の責任にかかってきます。ですからFX取引のリスクについて十分研究してから、FX取引を行うことをお勧めします。

FX投資の必勝法