不動産投資とは

FX投資の必勝法

不動産投資とは、不動産(土地や建物)を取得して賃貸収入を得たり、取得価格より高額で売却をして差額を利益として得ることを言います。

一般的に不動産投資は、ミドルリスク・ミドルリターンといわれています。
投資用の不動産には、マンションや戸建て住宅、土地などがあります。

賃貸収入を得る場合をインカムゲイン、売却益を得る場合をキャピタルゲインといいます。
投資用の不動産は、当然ながら賃貸をする人や購入をしようとするだけの魅力がないと話にはなりません。

不動産投資もあくまで投資ですから、賃貸収入や売却益などの利益を期待する行為です。
投資は利益を追求する行動ですから、当然利益が見込まれるものを考えていく必要があります。

投資用不動産は、主には都市部などで住居や土地などを必要とする人たちがいることが前提になります。
もちろん観光地や、自然に魅力がある土地なども考えられますが、投資用不動産での運用が、ミドルリスク・ミドルリターンといわれる最大の部分は、投資用の対象不動産が種々の影響で人気が変化することでしょう。

当然ながら投資用の物件で、人気が高いものは取得価格も高くなるので利益を生むことが難しくなりますし、人気がないものも利益を生みづらくなるのは仕方がないことです。

投資用不動産の選択が、不動産での投資運用での最大のポイントとなります。
長い期間の運用が考えられますので、投資用不動産は将来性や、地震・洪水・地崩れなどの天災の可能性も考えて、十分な検討をすることが大切です。

FX投資の必勝法