住信-STAMグローバル債券インデックス・オープンとは

FX投資の必勝法

STAMグローバル債券インデックス・オープンとは、「シティグループ世界国債インデックス」と連動する投資成果を目標として運用される投資信託のことで、この主な投資先はマザーファンド受益証券です。

「シティグループ世界国債インデックス」は、日本・円ベースを除いた世界各国を対象とした投資になるので、日本経済のローカルな影響を受けない投資信託で、実際の投資先は「マザーファンド受益証券」となっています。

気になる手数料ですが、購入時や解約時には料金がかからず、また申し込みの手数料もありません。金銭負担が発生するのは、保有期間の「信託報酬」・換金時の「信託財産留保金」です。

具体的には、関節手数料が年率0.6720%(税抜0.64%)で、換金時の直接費用が0.05%などとなっています。

ただし、オプションを利用すればオプションの費用が発生しますし、そのほかに、税金や会計監査費用などもかかります。

「住信-STAMグローバル債券インデックス・オープン」は、有価証券等に投資してその差益を分配するものです。

これは投資信託全般にいえることですが、元本や利回りが保証されるわけではなく、基準価額の下落によっては、投資元本を割り込むこともあります。

主なリスクとしては、価格変動・金利変動・為替・カントリー・信用・それに、シティグループ世界国債インデックスの変動などのリスクが考えられます。

そのためこれから投資信託を行う人には、「投資は貯金とは違う」ということを十分に肝に命じておく必要があります。
投資信託の利点は関係会社が倒産しても、影響がないということです。
インデックス型は通貨を分散しているので、為替の影響も最小に抑えられます。

株を単体で買ったりするよりも、安全といえるでしょう。

さて、「住信-STAMグローバル債券インデックス・オープン」には兄弟分があり、さらに、それらをまとめた親分の投資信託があります。

「住信-STAM グローバルREITインデックス・オープン」というのがそれで、この「投資信託」の面白いところは、購入と同時に6つのインデックスファンドが設定されるところです。

・株式国内 住信-STAM TOPIXインデックス・オープン 海外 住信-STAM グローバル株式インデックス

・オープン・債券国内 住信-STAM 国内債券インデックス・オープン 海外 住信-STAM グローバル債券インデックス・オープン

・不動産国内 住信-STAM J-REITインデックス・オープン 海外 住信-STAM グローバルREITインデックス
・オープン 購入手数料は無料(ノーロード)です。

こういった国内外の投資信託を対象としておけば、いざというときのリスク回避率がぐんと高くなります。もちろん国際市場の動きには、ある程度目を光らせる必要はありますが、「住信-STAMグローバル債券インデックス・オープン」を単体で購入するよりも利便性がよく、収益も安定するかもしれませんね。

FX投資の必勝法