証券CFDの特徴2 空売り

FX投資の必勝法

株式投資などの資産運用を行っている人にとって、不況、日経平均の下落をしているときにそれを利用して儲ける方法もあります。
それが、空売りと呼ばれるものです。

空売りとは、現在は持っていない株を売る事からそう呼ばれています。

まず、空売りの流れについてご説明しましょう。
空売りを行うには、証券会社から株を借り受けます。
つまり、自分でその銘柄の株を買うのではなく、証券会社から株を借りるのです。
その際、当然株価はそのときの株価ですので、たとえばそれが一株10,000円だった場合、一株証券会社から借りた場合、10,000円で売却できます。
この借りた株を売るという行為が、空売りと呼ばれるものです。

この空売りでどうすれば投資家が儲かるのかというと、空売りして得た10,000円で、同じ株を安く買うのです。

たとえば、その株がその後9,000円に値下げしたとします。
その場合、この株を一株9,000円で購入し、証券会社に返すのです。
すると、10,000円で売った株を9,000円で買ったので、1,000円お得ですよね。
これが、空売りの利益になります。
つまり、株価が下がる事で利益がでるのです。

この空売りを、証券CFDでは行う事ができます。
これが、証券CFDの特徴のひとつです。
仮に不況であっても、お金を稼げるのが証券CFDということです。

FX投資の必勝法