証券CFDの特徴3 スワップ金利

FX投資の必勝法

証券CFDの特徴のひとつとして、スワップ金利がもらえる点で、スワップ金利とは、国の異なる2種類の通貨を売買する際に生じる金利差の事です。

たとえば、1ニュージーランド(豪)ドル=100円の時に100万円で1万豪ドル買ったとしましょう。
日本円の金利は0.5%、豪ドルの金利が7%だとします。
1万豪ドルは日本円で100万円ですが、もし日本円をそのまま100万円持っている場合、100万円×0.5%=5000円となり、年間5000円が金利となります。
一方、豪ドルを買った場合、1万豪ドル×7%=1万700豪ドルとなります。
もし一年後もそのまま1豪ドル=100円だった場合、1万700豪ドルには107万円の価値があります。
よって、6万5千円お得な訳です。
この金利差6万5千円が、スワップ金利という事になります。

このスワップ金利は毎日支給され、もしずーっと一年間1豪ドル=100円だったとすると、6万5千円÷365=178円が毎日支給される訳です。
このインカムゲインは、FXをここまで有名にした要因として知られています。

そんなスワップ金利が、証券CFDでももらえるのです。
つまり、海外の株や証券を購入するときには、金利の高い国のお金を円で買い、そのお金で取引すれば、金利の差額がもらえるということです。

このスワップ金利は、相場が弱気の場合に力を発揮します。
というのも金利は相場が弱ってもめったな事では変動しないからです。
空売りできる事も含め、証券CFDは弱気相場に強い金融商品といえるかもしれません。

FX投資の必勝法