証券CFDは海外向けなの?

FX投資の必勝法

まだ国内ではまだまだ無名の証券CFDですが、海外に目を向けてみると、かなりメジャーな金融商品としてたくさんの投資家に愛用されています。
実際、海外で扱われている証券CFDの数の割合は、FXなどと比較しても引けをとらず、
代表的なのが、ロンドン市場で、全金融商品取引の30%が証券CFDとなっています。

それは、そのまま日本で証券CFDを始める際にもメリットになります。
なぜかというと、もし海外でもさほど流行っていなかったら、いざ証券CFDで取引を始めても、市場が換算としていて、取引が成立しにくい状況になります。
もし国内と同レベルの状況だったら、そうなってしまうでしょう。
しかし、当然、証券CFDでは海外の株式も扱えます。
つまり、海外の投資家と取引ができるのです。

海外では既にメジャーな金融商品として確立されているので、市場はにぎわっています。


証券CFDでは、口座を一つ開くだけで、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、そして日本における個別銘柄の売買が可能となります。
日経225。ナスダック、FTSE100なども扱え、債権も取り扱い可能です。

さすがにまだアジア全域での取引は不可能ですが、将来この金融商品が更に大きくなれば、それも可能となるでしょう。
アジアの中心である日本で流行れば、すぐ他のアジア諸国も追随してくるでしょうから。

証券CFDは、今からでも十分始められる資産運用といえるでしょう。

FX投資の必勝法