証券CFDの取引を行える時間帯とは

FX投資の必勝法

株取引などの国内の銘柄を扱う金融商品において、基本的に国内の証券取引所が開いている時間帯のみの取引となります。
最近は夜間取引を扱う証券会社が増えてきましたが、まだ普及とまではいえず閑古鳥が鳴いている銘柄も多く、あまり活発な取引は行われていません。

そのため、株取引を行っているサラリーマンは、リアルタイムではなく、あらかじめ注文を出してから出社し、退社してからその結果を見るという形になると思います。
これだと、急激な値動きに対応できないため、大損してしまう可能性があります。
最近は逆指値注文などによって損切りができるようにはなっていますが、逆に今度は急激な値上げの際に売る事ができないという問題も出てくるなど、適切な対応が取りがたいのが現状といえるでしょう。

それに対し、証券CFDの場合は、24時間いつでも取引可能という非常に大きなメリットがあります。
これは、サラリーマンにとっては非常に大きなメリットといえます。
いつでも取引が可能なのは、毎日会社に通う人達にとっては嬉しいシステムですよね。

株の値動きは、とても活発です。
一日の間に1%程度の値動きであれば、それほど問題は無いのですが、中には平気で10%、20%動く株もあります。
こう行った値動きが、自分の見ていないところで行われているとなると、仕事にも手がつかないなんて人もいると思います。
実際、そういった心境に追いやられている投資家はかなり多いと聞きます。

そういう意味では、24時間取引可能な証券CFDは、とても投資家に優しいと言えます。

FX投資の必勝法