証券CFD記事一覧

FX投資の必勝法
証券CFDの取引を行える時間帯とは
最近は夜間取引を扱う証券会社が増えてきましたが、まだ普及とまではいえず閑古鳥が鳴いている銘柄も多く、あまり活発な取引は行われていません。 そのため、株取引を行っているサラリーマンは、リアルタイムではなく、あらかじめ注文を出してから出社し、退社してからその結果を見るという形になると思います。 これだと、急激な値動きに対応できないため、大損してしまう可能性があります。 それに対し、証券CFDの場合は、24時間いつでも取引可能という非常に大きなメリットがあります。 これは、サラリーマンにとっては非常に大きなメリットといえます。
CMC Markets Japanの証券CFD #2
証券CFDを扱っているひまわり証券とこのCMC Markets Japanを比較するとき、まず最初に目に付くのはやはり手数料でなないでしょうか。 手数料がいくらかで証券会社を決める人も多いので、当然チェックを入れる人はかなりの数に上ります。 では、CMC Markets Japanにおける証券CFDの手数料はいくらくらいなのでしょうか。
CMC Markets Japanの証券CFD #1
国内で証券CFDを取り扱っている証券会社は、今のところ、ひまわり証券と、このCMC Markets Japanの2つくらいで、当然この二つの証券会社の中から選ぶことになります。 CMC Markets Japanは、1989年に外国為替のマーケットメーカーとして設立されたCMC Marketsが、2007年に東京に設立した会社です。
証券CFDは海外向けなの?
まだ国内ではまだまだ無名の証券CFDですが、海外に目を向けてみると、かなりメジャーな金融商品としてたくさんの投資家に愛用されています。 実際、海外で扱われている証券CFDの数の割合は、FXなどと比較しても引けをとらず、 代表的なのが、ロンドン市場で、全金融商品取引の30%が証券CFDとなっています。
新世代のFX?
およそ20年くらい前、日本はとても裕福でした。 銀行に預けているだけで資金はどんどん増えていき、わずか数日で億万長者に上り詰める投資家も少なからずいました。 お金を増やすには、ただ待っているか、少しのリスクを背負うだけ、そんな時代は、確かにありました。 しかし、20年後の現在、それは完全に過去の異物のものとなりました。
証券CFDとは
証券CFDとは、国内外における株式、株価指数、株価指数先物、そして債券先物を対象にした「証拠金」の差金決済取引のことです。 FXが外貨を扱って差金決済取引を行うのに対し、証券CFDは株式や債券を扱う取引となっていて、 証券CFDがポストFXと呼ばれているのはこの為です。

edit

FX投資の必勝法