リスク管理記事一覧

FX投資の必勝法
FX取引とリスク管理
レバレッジを基本として売り買いを行うFXには、「マージンコール」と「ロスカット」という二つのリスク管理手続きが存在します。 まずマージンコールとは、保証金の50%を超す損金が出たときに、その時点で決済するか、追加保証金の拠出を求める制度のことです。 続いて、「ロスカット」です。 これは日本語の俗称「損切り」になります。 ロスカットの例としては、証拠金の20~30%(取引業者によって異なる)になると、持っている通貨の一部やすべてを決済してしまうことです。

edit

FX投資の必勝法